--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-11

日々蝶々-マーガレット2015年 1/5発売 感想!

マーガレットマーガレット
(2015/01/05)
不明

商品詳細を見る


日々蝶々 9 (マーガレットコミックス)日々蝶々 9 (マーガレットコミックス)
(2014/11/25)
森下 suu

商品詳細を見る


お待たせしました!
******************************
あらすじ

後平:「俺は お前が好きだ」

すいれんは、驚いた後、俯(うつむ)いた。

後平:「ごめんなさいって 早く言えよ」

すいれん:「う…… ゔ… ゔ~~~~~~~~~~… ゔっ ゔ」

後平:「だ… 大丈夫か…?」
すいれん:「わざ…と……じゃ…」

後平:(わざとじゃね- 方が失礼 なんだよ)

後平:「……… 告白なんて 慣れてんだろ」
すいれん:「……………… 告…白…?」

---

「すいれん」は、後平が買ってきた水を飲んで落ち着いた。

後平:「あいつを 選ぶなんて 見る目あるな」
すいれん:「…ごめんなさい……」
後平:「あいつと俺 あんたよりずっと つきあい長ぇんだ
     …今日の事 何も 言わないで ほしい」
すいれん:「…はい」

---

後平は、「すいれん」を家まで送った後、川澄兄の部屋に行った。

後平:(何でこいつら 兄弟なんだよ
      あいつの部屋と 同じ天井)

後平:「お前 悩みとか ある?」
壱:「…………」

後平:(だよな
     こーゆー時の 沈黙が嫌いじゃない
     何も言わない けど 何か感じてる(ハズ)
     そこが いいと思う)

壱:「カレー 行こーぜ」

一通りカレーを食べた後、

壱:「何か 悩んでんのか?」
後平:「お前の弟 ムカツク」

---

川澄が、外村さんから後平と「すいれん」が一緒に帰ったことを聞いて「すいれん」の事が気になります。
川澄は、「すいれん」の家に向かいました。

川澄:「…何か 隠してない?」
すいれん:「大丈…夫
       …………… 何も……… 心配………… …いらないから」
川澄:「うん」
       
---

川澄は、後平の家に行き、後平に真意を聞きに行きます。

川澄:「…今日 うちの学校 来た?
     柴石さん 何の用?」
後平:「何も
     他の男と 2人で会うの 嫌なわけ?
     何もねぇ もう 会わねぇよ」
川澄:「なんか ここ最近の 後平くん 見てたら 
     柴石さんに… ---………
     柴石さんの事…… ……好き… …みてぇ…」
後平:「は? 俺あんな 笑わねぇ子とか イヤだし」
川澄:「…… 笑うし」
後平:「… あ そ
    男だったら もっと自信 持てよ
    お前らは 何も なんねぇよ 誰が来ようが」
川澄:「後平くんだから 俺は------…
     もういい」

川澄は、後平の部屋のドアをバタンと閉めた。

後平:「は? 俺あんな 笑わねぇ子とか イヤだし」
川澄:「…… 笑うし」
後平:「… あ そ
    男だったら もっと自信 持てよ
    お前らは 何も なんねぇよ 誰が来ようが」
川澄:「後平くんだから 俺は------…
     もういい」

川澄は、後平の部屋のドアをバタンと閉めた。

川澄:(後平くんが 相手で かなうわけ…)

---

後平は、学校から家に帰り部屋の机に鞄を置いた。
その時、ヒラリと、小春からもらった文化祭のチケットに気づいた。
後平は、チケットをクシャリと握った。

-翌朝-

後平は学校で、「だいすけ」から集第の文化祭に誘われる。
後平は、「すいれん」のこともあり断るが、「だいすけ」から「お前 すいれんちゃん 好きなのか?」と言って、強引にゴリ押しされ、行くことになる。

-文化祭当日-

川澄は、後平の姿を見かけ話しかけた。

川澄:「もう 会わないんじゃ ないの?」
後平:「男らしくねぇな お前」
******************************

後平くんが、すいれんに告白しましたが、やっぱり、フラれました!
すいれんは、後平くんに

・(すいれんが告白されて、具合が悪くなって)「大丈夫か…?」
・「ごめんなさいって 早く言えよ」
・「告白なんて 慣れてんだろ」


ここまで言わせていて、すいれんはスゴイ大物振りを発揮!


≪後平くん≫

後平くんは、すいれんに振られるのはわかっていたけど、「すいれん」は、親友(壱)の弟の彼女だし、自分のどうにもならない気持ちを、「すいれん」にフラれることで整理して落ち着きたかったんだろうなと思いました。

後平くんは、「すいれん」と一緒にいても、「すいれん」は笑わなかったことで、自分を好きではないことをわかっていたし、「すいれん」は、川澄くんに夢中だということも知っていた。
でも、後平くんは、「すいれん」を好きな気持ちがどうにもならなくなったので、フラれたかったんだと思いました。

一方で、壱には、

後平:「お前の弟 ムカツク」

本音を言っていましたね。
好きな子にフラれたら、そりゃ、ムカツクよねぇ。

だからと言って、川澄(弟)から奪いたいわけではないし心配させたくないから、
川澄(弟)には、

「何もねぇ もう 会わねぇよ」

すいれんには、

「今日の事 何も 言わないで ほしい」

って言ったのかナ?


「あいつを 選ぶなんて 見る目あるな」

ここでも、川澄(弟)の邪魔をする気はないんだなと思いました。
後平くんは、川澄(弟)の事を評価してるんですね!

---

告白した後、「すいれん」を家まで送った時、かなり辛かっただろうと思いました。

「すいれん」が後平くんの後ろ姿を見ながら、

すいれん:(好きって… 誰かが 誰かに 言って 想いが 繋がる ばかりじゃない)

このシーンの後平くんの後ろ姿が、めちゃカッコよかったです!!!!(≧▽≦)


川澄(弟):「… 何で いつも 本当の事 言わ-------…」

後平くんは、言葉が足りないと思います。
まあ、イケメンだから、それでも、女子にチヤホヤされてるから、うまくやって行けてたのかも…?
それとも、プライド?

後平くんって、お姉さんが2人いたんだネ!(^-^)
だから、女扱いに慣れてる???


「すいれん」と後平くんはベストカップル?

確かに見た目だけで言ったら、そうかも…。
多分、後平くんは、「俺について来い」タイプだし、女の子の事をよくわかっているから、要領よく行動しそう。
女子については擦れてるって表現の方が合ってるかな。。
「すいれん」は、あんまり自分の気持ちを言うのが上手でないから、後平とつき合うのは、「すいれん」にとっては負担なんじゃないのかなぁ?
川澄(弟)は、「すいれん」と同様、不器用だし純粋だから、時間とともにイイ感じに馴染んて行きそうな気がします。


≪壱≫

何気に、このマンガの中で一番カッコイイのは、壱なのかもしれない!!!と思いました(*^-^*)
でも、無口過ぎて、取っつき難いかも…(^-^;)

「何も言わないけど、何か感じてる」

壱は、後平くんの「癒し!」になってました!(^-^;)


後平:「お前の弟 ムカツク」

この後に、壱は何か言ったのかナ?
すごく気になります。
う~ん、壱の事だから、何も言わなかったのかも?(>_<)


≪すいれん≫

すいれんは、後平くんと約束通り、川澄(弟)には、後平くんの告白の事は言わなかったのは、よかったと思いました。

≪川澄(弟)≫

やっぱり、後平くんが、「すいれん」を好きじゃなんじゃないかと気づいていたんだネ!
好きな子が一緒だったら、当たり前か…(^-^;)

後平:「他の男と 2人で会うの 嫌なわけ?」
後平:「男だったら もっと自信 持てよ」

そりゃあ、ねぇ…。
自分の彼女が他の男と会っていたら、当然、心配になると思うよ!

川澄:(後平くんが 相手で かなうわけ…)
川澄:(後平くんは 見た目 だけが-… かっこいいんじゃ ねぇんだよ)


えぇ!!!
私は、川澄(弟)くんの方が、断然カッコイイと思います!(≧▽≦)
だって、後平くんは、イケメン特有の冷たさがあるし、女の子に妙に慣れ過ぎていて、悟りが入ってるし…(-_-;)
空手では、地道に頑張っていて、男から見たら、カッコイイのかもしれないですが…。

川澄くんの方が、純粋で誠実な感じがします。


川澄:「柴石さんの事…… ……好き… …みてぇ…」
川澄:「もう 会わないんじゃ ないの?」


個人的には、川澄くんにこのセリフを行って欲しくなかったです。
川澄くんには、余裕でドンと構えていて欲しかったから。
相手が、後平くんだから、余計気になっちゃったのかな。。


≪次回≫

お正月休みのため、2/5発売だそうです。

後平くんは、強引にだいすけくんに連れてこさせられただけで、「すいれん」に会いに来たわけではないけど、この流れから行くと、川澄(弟)くんと後平くんの(恋愛の)直接対決が見られそうな気がします。

「すいれん」の顔を見たら、後平くんの気持ちがおさまらなくて諦められなくなる、と思います。

次回も、楽しみです!(≧▽≦)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuyuusa.blog123.fc2.com/tb.php/3861-ba79a662

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。