--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-31

私たちには壁がある。-デザート10月号 チョットだけ感想

デザート 2014年 10月号 [雑誌]デザート 2014年 10月号 [雑誌]
(2014/08/23)
不明

商品詳細を見る


私たちには壁がある。(1) (KC デザート)私たちには壁がある。(1) (KC デザート)
(2014/06/13)
築島 治

商品詳細を見る



*************************************
あらすじ

怜太が真琴に柄にもなく「かわいい」と言ったことに対してドキドキしてしまった真琴は、気を紛らわせるため、バイトを始めた。

バイトのお客さんに商品についていろいろ聞かれ、バイト3日目の真琴にはわからず困っていると、祐介が来て、たまたまその商品について詳しかったため、お客さんは納得して事無きを得た。
その様子を見ていた店長は、祐介にバイトに来てくれないかとスカウトし、真琴と同じバイト先で働くことになった。

祐介がバイトに来るようになって、同じスタッフからの祐介の評判はよかった。
祐介が、バイトで真琴と話している時に何気なく落ち込んでいる真琴に頭に手をポンと置いた。
真琴は、そのことで気分が落ち着いた。

-------

夕方、真琴は祐介がしゃがんでいる時に、手を祐介の頭においてみた。
祐介は、女の人に初めてそんな事されたというと、
真琴は、祐介に頭をなでられた時、落ち着いたので、祐介にやってみようと思ったと説明した。

-------

近々、京都に修学旅行に行くことになっていたので、祐介から怜太と一緒に回らないのかと聞かれ、「男友達と競馬に行くから一緒に行かない。」、「怜太とは本当はつき合っていない」と言った。

それを聞いた祐介は、「そんなこと言われたら、気にしちゃうよ」と意味深発言をする。
*************************************

真琴は、祐介のことが気になっちゃってるみたいだネ。

真琴が祐介に、修学旅行は怜太と一緒に回らないことを行った時、祐介から「幼馴染はいつかは離れる」と聞いて、真琴はちょっと驚いていたけど、祐介のことが気になっちゃってる感じ。

祐介、カッコイイからネ!
真琴じゃなくても、気になっちゃうヨ!

もし、それを怜太が知ったら大騒ぎだろうナ(^-^;)

話の展開から、三角関係になって、真琴と祐介が一旦つきあって、最後には怜太と真琴がつきあうことになる???

実際考えてみたら、怜太も祐介もモテるから、どっちとつきあっても、外野がうるさそうだけど、一緒にいて楽なのは祐介な気がする。
真琴的には、小さい時からずっと一緒にいた怜太の方がしっくりくるんだろうけど、怜太はあの性格だから扱うのが面倒臭そう。。(^-^;)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuyuusa.blog123.fc2.com/tb.php/3634-b8c9d9bd

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。