--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-13

君に届け-別マ4月号(episode66)の感想!

別冊 マーガレット 2012年 04月号 [雑誌]別冊 マーガレット 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/03/13)
不明

商品詳細を見る


おぉ!上手い!
**************************************
あらすじ

爽子と一緒に学校に帰って、爽子と別れた後、一人で風早は歩いていた。

風早が雑貨屋で、爽子に似合いそうな手袋を見ていた時、誰かが声をかけて来た。
爽子パパだった。
風早は、驚きながらも挨拶する。

爽パパ:「爽子とは
      まじめに おつきあい してるんだ ろうね」
風早:「…はい!!」
爽パパ:「そうか…
      …君 クリスマス 前後は 何してるの?
      だから 23とか25 とかだよ!」
風早:「特に 予定は…」
爽パパ:「だよな! だよな!
      24日は クラスのみんなで パーティーやる そうじゃない!
      母さんが いや 妻がね!
      だからって 23とか
      25には彼氏っ… クッ
      風早くんと過ごす だろうから 邪魔 しないようにって
      言うもんだからして 君!!

      だからつまりその ふっ ふたりっきりで 過ごす予定は 
      ………」
風早:「ないです
    クリスマスは みんなでやります」
爽パパ:「そうかー!!!
      ならいい! ならな!!! 風邪 ひくなよー」

爽パパは、手を振りながら去って行った。
風早は、呆気にとられた後、深いため息をついた。

風早:(………やっぱ これで 良かったんだ)


「誰? あの ちっちゃい おじさん」

風早は、驚いて声のする方を見ると、ケントだった。

風早:「三浦!? なんで ここに!!」
ケント:「えー? 
     そりゃ 女の子への プレゼント買いに
     でしょ------
     
     でも ……何 喜ぶのか わかんなくて
     ねっ お茶 しよーよ!」

-喫茶店-

ケント:「イヤー でも
     風早が ほんとにオレと お茶してくれる
     とは 思わな かったな-------

風早:「-------だって 話があったん でしょ?」
ケント:「ん------- 
     ……すきな子が できたんだよ ね------------」

風早は、席を立った。

風早:「あげないよ」
ケント:(大笑いしながら)「貞子ちゃん じゃないよ!」
風早:「えっ!?」

ケント:「なんで オレが話したいのは 察したのに
     そこは察することが できないのかな-------…
     ほんと やっぱ 貞子ちゃんのこと 大事なんだね
     風早に ちょっと 聞きたいことが あって

     …あやねちゃん
     … あやねちゃん なんだよ
    今まで  オレ すきだと思う子に 
    そぉんなに手応え 感じなかった事 ないんだけど ………

    …でも 手をのばしても 逃げられちゃうん だよな---…

    …すきまが あかないんだよ あやねちゃん
    どうしたら ふみこませて くれるんだろ

    …おかしーかな こんなの」
風早:「イヤ …わかるよ」

ケント:「…わかん ないけど
     なんか 傷ついてる 事だけは わかるんだよ
     -----あやねちゃんの 今までの恋愛って
     聞いた事ある?」
風早:「ないけど-------…
     ほっぺた はらして 学校来た事は ある」
ケント:「ああも--------!!
     なんでそんな恋愛 してんだよあやねちゃん!
     あるじゃん! こう! 楽しいこと いっぱい!
     オレ 支えんのに! めっちゃ大事に すんのに!!
     何やってんだよ 男たちは!!
     イヤ ちがう
     だから 今 オレなんだわ

     風早は どーしてんの?
     貞子ちゃんとは
     たとえば 今とか ぎくしゃく してるけど
     風早は はたして どーやって
     貞子ちゃんの心を こう 開いたのか なーと思って
     やっぱ こー 爽やかな 感じが いーのかね------」
風早:「…俺 べつに 爽やかじゃ ない
     爽やかじゃ ないと だめなの?
     でも どーいうのが 爽やかって いうの?
     俺は----- そんなんじゃ ないよ 全然
     三浦とか 他の奴が 言うような 
     …多分 黒沼が 思ってるのとも

     黒沼が思うような 自分でいられているのか
     わかんない
     大事に したいけど どこまでが 大事で
     どうしたら 大事じゃないのか わからない
     そんで 俺が そんなんだなんて
     黒沼 思ってないと 思う」
ケント:「…うん 思ってんのと 違ったかも
     風早と 貞子ちゃんはさ …似てるよ」
風早:「…初めて 言われた……」

ケント:(…「貞子」の レッテルを はられた ---貞子 ちゃんと
     「爽やか」の レッテルを はられた 風早か--------)
    
------------------------

-黒沼家-

爽パパが家に着いて、爽子が迎えた。

爽パパ:「おう 爽子! 風早くんに 会ったぞ!
      クリスマスは みんなでやるから 前後にも 2人で
      やらないそーじゃ ないか!」
爽子:「…うん」

爽子は自分の部屋に戻った。
------------------------
≪回想≫

「2人でも するつもり なんじゃないの?」

…ゆっくり 手をとって…… ……… おろされ ちゃった………
------------------------

爽子の手に涙が、ぽとぽとと落ちた。

爽子:(まちがえた まちがえてた 私--------
     距離をあけてたのは 私じゃなく 風早くんの ほうだったんだ)
**************************************



話の持って行き方が上手い!と思いました!
面白かった!(^-^)




≪風早くん≫

風早くん、まさか、ケントに話すなんて思わなかった。
今回は、風早くんの心の中がよく見えてよかった!(^-^)

風早くんが爽子にフラれた時とは違って、風早くんの苦悩が初めてわかった気がします。
風早くんは、「爽やか」と人から言われる度に否定してたけど、そっかー、爽やかなのも大変なんだなぁと思いました。
(すみません。人事のように言ってしまって…(>_<))

風早くん、あんなカワイイお店に一人で入れちゃうんだネ!
でも、風早くんなら、違和感無さそう!(^-^)


≪爽子パパ≫

風早くん、また、いいタイミングで、爽パパに会ったねぇ。
念押しされちゃって…(^-^;)

1年前のクリスマスでは、爽パパが爽子にトドメをさしてた(爽子が生まれた時の話)し…。
今回は、爽パパは、風早くんに、トドメ(?)さしてた!
あっ!爽子にもか!<「クリスマスは みんなでやるから 前後にも 2人で やらないそーじゃ ないか!」

クリスマスは、爽パパに注意しないと!

マフラーは、爽パパが爽子にプレゼントしようとしているものだから、風早くんには、プレゼントにしないようにって、釘をさしていたけど、爽子には、風早くんがクリスマスプレゼントを見ていたことを内緒にしている気遣いは出来るんだと感心しました。


≪爽子≫

ちづやあやねと一緒にいる時、みんなでクリスマスって喜んでいたけど、風早くんが2人でクリスマスするつもりがないと言ってたのを聞いたら、そりゃ、涙も出るよ(>_<)
前回(episode65)もそうだったけど、今回も、「まちがえた」で終ったネ。


≪ケント≫

ケント:「ねっ お茶 しよーよ!」
のセリフのケントの顎が張ってて、一瞬、アントニオ猪木かと思った(^-^;)
私だけかもしれないけど、登場したばかりの時は、イケメンだったのに、どんどん劣化が進んでいると思っちゃう。。(>_<)
スミマセン(>_<)


≪次回(別マ5月号(episode67)4/13(金)発売≫

次回は、クリスマスの話かなぁ?

なんかこのままだと、クリスマスで、爽子も風早くんもギクシャク度がアップしてそう。
クリスマスは、ひどいことになって、大晦日の爽子の誕生日に復活してラブラブになるとか…?

それとも、クリスマスに風早くんが行動するとか?
爽子に、悩んでることを話すとか?

今まで、こんなにギクシャクを引っぱって来たんだから、クリスマスにラブラブはないような気がする。
やっぱ、爽子の誕生日かナ!(*^-^*)

また、次回が楽しみです!(≧▽≦)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuyuusa.blog123.fc2.com/tb.php/2440-fc1262c9

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。